ワーホリ!いわて|ワーク&ステイ PROGRAM

実施レポート

[2019冬]花巻温泉株式会社

きょうへいさん

お客様に楽しんでもらうことで感動することを知りました

きょうへいさん

きょうへいさん

滞在期間 2020/2/2~2020/2/23

バイキング会場での業務が中心でした。その中でも、ホール、バーカウンターなどさまざまな仕事を体験させていただきました。個人的な話になりますが、普段のアルバイトが飲食店なので、今までの経験をバーカウンター業務で生かせて楽しかったです。
またスカイランタンイベントの運営など、普段とは違った仕事も経験できました。もちろん自身が参加者として楽しむのも良いですが、運営側に回り、お客様に楽しんでもらうこともまた違った感動があるのだなと感じました。スケジュール上は、スカイランタンイベントに2回参加する予定だったのですが、生憎の天候で中止になってしまったのが悔やまれます。

アクティビティでは、ワーホリ!いわてに応募し、全国から集まった人たちと交流することができました。大学では基本的に所属する学部というか、近い学問を学ぶ人と関わることがほとんどなので、まったく触れてこなかった学問を専門にしている人などと話せて、ともかく楽しかったです。
カーリングに挑戦したのも印象的です。「なぜカーリング?」と最初は思っていましたが、いざやってみると一瞬ではまりました。短い時間しかできなかったので、機会があればまた挑戦してみたいと思います。
休日では、花巻市役所の方と一緒に花巻市を歩き、街の名所を見たり、お話を伺ったりする機会がありました。伺ったお店の人がそれぞれ非常に温かく接してくださったのが印象深いです。私の普段の生活ではあまり関わらないようなお店に寄ることができ、なかなか刺激的でした。

実際に地元を離れ、その場に住み込みながら仕事を体験するということは初めてでした。しかし行ったからこそ得られた経験は、他に代え難い貴重なものとなりました。なぜ今までやらなかったのか後悔もしました。それくらい、自分の中で意識の変化をもたらしてくれました。
私は観光について大学で学んでいます。このプログラムに参加する動機は、その学んできたことを現場で実際に体感し深めたいということでした。温泉旅館という場所に身を置き、ホスピタリティ産業の現場を実際に目にして体験することで、まさにその目的を果たすことが出来たのではないかと自負しています。
また、ワーホリに参加したからこそ得られた出会いも多かったです。花巻温泉に私がお世話になる間、他に3人の学生が同じく参加していました。それぞれ生まれも育ちも全然違うなかこうして出会い、短い期間ながら交流を深められたのはとても貴重で、よい宝物になりました。
末筆ながら、この期間中関わっていただいた全ての方々に感謝したいと思います。
本当に、ありがとうございました。

2020/02/03

実務の前に学んだこと

花巻温泉の施設案内と並行して、企業理念や現代の観光業についての説明を受けました。
都市圏から離れた地方といっても、必ずしも観光における対策や方針などが遅れがちではないことを知りました。というのも、人々が余暇活動の一環として行う観光のニーズが昔と比べて変化し細分化していくなかで、花巻温泉は実に流動的な対応をし、それらに沿ったアイディアを創造しているように思えたからです。
施設を案内していただいた際は、和テイストの館内に、ブライダル部門があり、こうした要素もあることに少し驚きました。
花巻温泉の歴史を年表で学んだのですが、開業当初のことや天皇皇后両陛下など皇室の方々がいらっしゃったことなどを知りました。
そして、花巻に来てから初の雪でした!内心テンションが上がっていました。
明日からの実務が非常に楽しみです。

2020/02/05

朝と夜では雰囲気が変わります

昨日の夕食の業務では、お客様に満足してもらえるよう自分で考えて行動することの意義を体感したばかりなのですが、今日の朝食会場は夜とはまた違う雰囲気で新鮮でした。
物の配置や食事の入れ替えなど、バイキングならではの要素に未だ不慣れではありますが、頑張りたいと思います。

2020/02/06

【観光研修】岩手を知る1日

終日、観光研修でした。
まず、世界遺産である平泉へ行きました。奥州藤原氏にゆかりのある中尊寺は、雪が積もっていたこともあり非常に神秘的でした。四季を通して訪れる価値があると思います。
昼食は世嬉の一で郷土料理であるお餅を食べました。普段お正月でしかお餅は食べなかったので、新鮮な体験でした。本当に美味しいです。またすぐ目の前にある酒蔵では日本酒の試飲をさせていただきました。知人や友人にお土産として購入しました。
北上市の鬼の館では、鬼に関する歴史や資料を見ましたが、意外に面白かったです。岩手県の名前の由来にも鬼が関係しているというエピソードは豆知識として面白かったです。
岩手県を知るという意味で、非常に面白い1日となりました。

2020/02/08

日頃の経験を生かして工夫する

二度目の終日業務となりました。初回は人の動きを真似することで精一杯でしたが、今回はもう少し自分の意思で体を動かせたように思います。
ドリンクを担当させていただきました。日頃の居酒屋でのアルバイトの経験が生き、比較的早く慣れることができ、楽しめました!「こうすればもっと早く飲み物をお客様に渡せるな」、「これはよく使うから手元に置いておこう」など自分で思考を巡らせるのは、意識してみると非常に刺激的でした。
次の日も終日勤務となるので、頑張っていきます!

2020/02/09

”thank you”のメッセージに感激!

終日業務でした。朝食会場での業務は、慣れてきたのかスムーズに行えました。
夕食会場で下げものをしている時に、フォンデュ用のチョコレートで、”thank you”と書かれたお皿を見つけました。スタッフの接客や料理など、それぞれのサービスに対してそう書き残してくださったように思えて、非常に光栄でした。「これがサービス業のやりがいか!」とつい他のワーホリの参加者と話してしまいました。微力ながら、こういった評価をいただけるよう、次の業務からも精進したいと思いました。

2020/02/10

【アクティビティ】冷麺とカーリングを楽しみました

岩手県内に滞在しているワーホリ!いわての参加者と初めて顔合わせしました。
岩手三大麺の一つである冷麺を食べつつ、皆さんと交流できたのは楽しかったです。冷麺はキムチを入れて食べると美味しかったです◎
午後は初のカーリングに挑戦しました!
一見、相手のストーンに自チームのストーンをぶつけたりして点数を競う単純なスポーツに思えますが、まず真っ直ぐ飛ばせないなど、難しかったです。戦術も多様で、思った以上に高度で複雑でした。
短い時間ではありましたが楽しかったです!

2020/02/11

「はなまき星めぐりの夜」のお手伝い

スカイランタンイベントがありました。花巻温泉にご宿泊中のお客様と一緒にスキー場へ行き、皆さんの願いや想いを込めたランタンを花巻の空へ飛ばしました。花巻温泉以外の旅館やホテルから来ている方もいたので、たくさんの人が揃っていました。そのため数多く上がったランタンはとても幻想的で、案内をする身ではありましたが、一緒に楽しむことができました。16日の日曜にもう一度このイベントに参加できるということなので、非常に楽しみです。

2020/02/13

忙しさにびっくりしました

日本人のお客様だけの夕食会場の担当になりました。バーカウンターを利用するお客様はほとんどが日本人の方なので、バイキング会場にいらっしゃるお客様自体の分母が少ない割に非常に忙しかったです。ワーホリ期間中、経験したことのない忙しさにかなりビックリしました。
一通りお客様が引き始めて落ち着いた時、思った以上に時間が経っていたことに驚いたのを覚えています。すごく大変でしたが、その分充実していました。

2020/02/15

【休日】はなまき暮らしツアーに参加しました

今日は花巻市役所の菊池さんにはなまき暮らしツアーに連れていっていただきました!
まきまき花巻スタンプラリーでは、花盛生花店さんにお邪魔し、ドライフラワーのプレゼントを頂きました。その後中国人の方が営業しているお店に寄りました。その人はとにかく活発で気さくな方で、すごくおもしろかったです!
お昼はわんこそばを食べました。嘉司屋さんのわんこそばはすごい美味しいです!56杯食べました。1杯分が多いらしく、小分けされた大会サイズの約3倍らしいです!100杯、結構余裕かもしれません。
お酒が好きなのですが、EDEL WEIN(エーデルワイン)の工場見学をしたときには、しっかりお土産のワインを購入しました。
滞在している花巻のことを知れて、すごく充実した1日になりました。菊池さん、ありがとうございました!

2020/02/17

丁寧な接客を心がける

朝食と夕食両方を担当する通しの1日でした。何だか久しぶりのシフトのように感じました。
平日であったために、週末に比べるといらっしゃるお客様は少なかったですが、その分丁寧な接客を心がけることができたと思っています。
同じくホールで業務を行なっている社員や派遣の方々と会話することも増えてきて、楽しみながら仕事ができるようになりました!年上の方と話すというのは、普段ではなかなか経験できないことで、刺激になります。

2020/02/18

【休日】盛岡でカフェ巡り

せっかくの休日なので、近くの駅まで歩いてみようとふと思い、花巻温泉から花巻空港駅まで歩きました。正直、やめておけば良かったと後悔しました。ものすごく寒く、雪も降っていて大変でした。
やっとの思いでたどり着いた盛岡では、カフェ巡りをしました。「六月の鹿」と「羅針盤」というお店に行きました。
六月の鹿では、僕はブレンドを飲みましたが、他のお客さんがみんなマンデリンを頼んでいたので、気になって豆を買って帰りました!
羅針盤は実は2度目の訪問となりました。前回は確かオリザを飲みましたが、今回は深煎りの羚羊(かもしか)に挑戦しました!さすがにコクと深みがすごかったです!
他に寄りたいと思っていたお店がことごとく臨時休業で歩き回りましたが、これぞ旅行の醍醐味だとポジティブに捉えました!

2020/02/20

接客の真髄を見ました

一日通しで業務できることが残り少なくなりました。総括に向け、この3週間で行なってきたことを頭の中で反芻しお客様に対して実践していく姿勢を持って業務に取り組みました。
朝食会場でお客様に、窓の向こうにある木の名前を聞かれました。僕は名前が分からなかったし、それどころか注目もしておらず、店長につなぎました。店長は、お客様にその木の名前と季節によって見方も変わるということを丁寧に説明していました。聞かれたことに加えて何か一つ付け加えて説明している姿に、接客の真髄を見たような気がしました。素直に尊敬します。
将来、自分もそのメンタリティを持ち、生かせればいいなと感じました。

2020/02/21

【休日】花巻を歩いて、活気のある街だと感じました

花巻駅周辺で、カフェ巡りをしました。「林風舎」「茶房あれい」「茶寮かだん」「おいものせなか」にお邪魔しました。
どのお店もよかったのですが、おいものせなかが1番のハイライトです。フェアトレードのものを取り扱っているようでした。アップルパイが絶品で、お邪魔できてよかったです!
花巻は、一つの駅周辺に行きたい場所が集まっているので非常に歩きやすく、街の個性(宮沢賢治ゆかりの街など)を表現しているなと感じました。
林風舎と茶房あれいでは、地元のお客さんが多く集まっていて盛り上がっていました。花巻という場所の少子化問題が深刻だという話は15日の市役所の菊池さんとのお話から伺っていましたが、まだまだ捨てたものではないなと感じます。確かに都心やその周辺圏内には絶対数としては劣るのかもしれませんが、活気のある街だと感じました。

お問合せ

電話でお問合せ平日10時〜18時

019-621-1171

岩手窓口

いわてふるさとワーキングホリデー事務局(ジョブカフェいわて内)

メール:wh-iwate@jobcafe-i.jp
〒020-0024
岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階
月曜~土曜 10:00~18:00 OPEN

東京窓口

岩手県U・Iターンセンター(いわて銀河プラザ内)

〒104-0061
東京都中央区銀座5丁目15−1 南海東京ビル1F
TEL. 03-3524-8284