ワーホリ!いわて|ワーク&ステイ PROGRAM

実施レポート

[2020秋]株式会社八幡平スマートファーム

S.Yさん

農業のデジタル化を学び、ワクワクにあふれた日々でした

S.Yさん

S.Yさん

滞在期間 2020/11/9~2020/11/24

作業時間だけではなく休憩時間までとても充実していました。楽しかったです。
業務としては、主に収穫と整枝(傷んでしまった葉を切り落とす作業)、加えてバジルを育てる場所となるタワーの設置や、苗をタワーに移し替える作業に取り組ませていただきました。慣れないバジルの扱いに最初は戸惑いましたが、皆さんとても優しく教えてくださったおかげで、最後まで楽しく作業することができました。短い間の勤務だったにも関わらず、要望を汲み取り様々な作業を任せてくださったことにとても感謝しています。
休憩時間には、ファームで働く方々と他愛もないお話をして盛り上がったのが印象に残っています。

また、ただお仕事をさせていただくだけではなく、皆さんが私の疑問に対して丁寧に向き合って答えてくださり、とても学びの多い時間にもなりました。特に関心のあった「どの過程で、どのようにITをバジル栽培に活用しているか」という点については、時間を割いて丁寧に説明をしてくださり、理解が深まりました。
今日の大変な状況の中で、このような貴重で素晴らしい機会をいただけたことにとても感謝しています。本当にありがとうございました。

お仕事以外の部分では、ずばり、「①美味しいご飯」「②温泉」「③岩手が生んだ偉人のゆかりの地巡り」が印象に残っています。
①岩手には、有名な三大麺の他にもたくさんの美味しいグルメが溢れていました。岩手で新しい出会いがある度に、その方々におすすめのレストランを聞いては巡るのが楽しかったです。特に、ワーホリ中に滞在していたホテルの近くにある定食屋さんのトンカツ定食がとっても美味しくて、食べた時の感動が忘れられません。また食べに来たいです。
②お世話になったファームがある八幡平には、たくさんの温泉がありました。いくつかの温泉を巡りましたが、その中でも松川温泉にある温泉宿が印象に残っています。山奥にひっそりとあり、硫黄の匂いが漂い、そして湯の花がたくさん入っている点がまさに秘湯という感じで、温泉に浸かりながらとてもワクワクしました。
③石川啄木、宮沢賢治のゆかりの地を巡れてとても嬉しかったです。実際に石川啄木が住んでいた家や、宮沢賢治が書いた手紙や詩などを見て、2人の人生に想いを馳せました。それを経てから見る岩手の街並みはなんだか違う風に感じて、その感覚がすきでした。

卒業を目前に控え、学生生活最後に実りある時間を過ごしたいという気持ちで参加を決めました。こちらのプログラムに参加させていただけて本当によかったです。
参加前に抱いていた目的は大きく2つありました。
1つ目は、農業のデジタル化について理解を深めることです。こちらのファームでは、近くに地熱発電所があることから地熱という自然エネルギーをビニールハウスの温度調整に活用し、それに加えて、ITシステムを取り入れることで農業の新しい姿を追求されていました。実際にそこでお仕事させていただく中で、主に環境管理のために利用されているITシステムは、そこで働く方々の負担軽減にとても効果的であるということを身をもって体感しました。このことは、今日深刻化している農業人口の減少や、地域の高齢化問題などの改善に有効だと感じました。それと同時に、農作物の生産には想像していた以上に多くの繊細な作業が必要となり、人の手によって取り組まなければならないプロセスも多くあることを痛感しました。このプログラムに参加する前は、「作業効率化のためにIT化だ、デジタル化だ!」と農業への深い理解もなく考えていました。しかし、この気づきを経て、農業のデジタル化において、人とITが担う部分のバランスを上手く取っていくことがとても重要であると身をもって実感することができました。また、その最適なバランスを取るために、システムを開発する側の現場への深い理解がいかに重要であるかということも学びました。これは、来年からITシステム系の会社で働く私にとって、大変意味のある学びになりました。
2つ目が、初めて訪れる岩手の魅力を楽しむことです。岩手には、ご飯、温泉、多くの偉人ゆかりの地など、これまで知らなかった魅力がたくさん詰まっていました。お世話になった岩手県民の方々におすすめの場所を聞いてはそこを巡るのが本当に楽しかったです。ただ岩手は大きすぎて、2週間だけの滞在では気になるところを行き尽くせなかったので、またいつかリベンジしに来たいです。
2週間という短い期間ではありましたが、ファームでのお仕事も休日も、たくさんの学びや発見、ワクワクが溢れたとても充実した日々でした。これも、岩手で出会った多くの方々が優しくサポートしてくださったおかげです。感謝しております。本当にありがとうございました。

2020/11/12

豊かなバジルの香りは、幸せに導いてくれます

初日の活動を無事に終えて、少しほっとすると同時に、これからの活動にワクワクしています。
初めてビニールハウスに足を踏み入れた時、豊かなバジルの香りがハウス内に漂っているのを感じてすごく幸せな気持ちになりました。
ガイダンスでは実際にIoTを活用したビニールハウスの仕組みを見せていただきました。予想していた以上に様々なことが自動化されていて驚きました。
お昼休憩では、従業員の方々が育てているバジルの写真を見せ合いながら、どうしたらより良い状態でバジルを成長させられるかについて話し合っている様子が印象的でした。その姿から、スマートファームの方々のバジルへの想いが伝わってきました。この活動に参加させていただいていることに感謝をし、責任を持って作業に取り組まなければと、改めて身が引き締まる思いになりました。
その後は実際に2時間ほど収穫作業を行わせていただきました。本当に2時間、あっという間でした。事前に収穫可能なサイズや形を教えていただき作業に取り組みましたが、いざたくさんのバジルを目の前にすると、どれを収穫して良いものか正しく判断できているか不安になってしまいました。でも、従業員の方に都度質問させていただきながら作業を進めることができました。活動を終える頃にはこの見極めを瞬時に正しくできるようになることを目指して、バジルとしっかり向き合っていきたいです。

2020/11/13

【休日】世界遺産「中尊寺」が期間限定でライトアップ!

本日は初めての休日で、八幡平スマートファームで一緒に働いているワーホリ参加者と中尊寺に行ってきました。
中尊寺で見た、ライトアップされた紅葉とお寺がとても綺麗でした。ライトアップは今の時期限定らしく、見ることができてとてもラッキーでした。
歴史の教科書で見ていた金色堂を間近に見ることができ、感激でした。

2020/11/14

効率化を目指していきたいです

今日は4時間ずっと収穫作業に取り組みました。集中できていたのかあっという間に4時間経ちましたが、収穫可能かどうかの判断に時間がかかって効率が悪かったように思います。明日以降はもう少しスピードを意識して取り組みたいな、と思いました。
お昼休憩には近くの市場でバジルのジェノベーゼパスタを食べました。スマートファームで栽培されたバジルを食べることができて嬉しかったです。

2020/11/16

【休日】温泉に行ってきました

八幡平温泉郷にある日帰り温泉に行ってきました。平日だったためか空いており、露天風呂を貸し切りできてよかったです。とても寒い中浸かる温泉は気持ちよかったということもあり、湯上がりの地元小岩井農場のコーヒーは格別でした。

2020/11/17

【アクティビティ】感動や刺激にあふれた1日でした

常に自分よりも他人や世の平和を願いながら行動選択して生きていた宮沢賢治の人生についてお話を伺うことができてよかったです。「銀河鉄道の夜」の原本が、宇宙飛行士の野口さんによって実際に銀河の近くまで行ったという話を知って、とても感動しました。亡くなってからもこのように多くの方に影響を与えて、想われている宮沢賢治は本当にすごいな、と改めて実感しました。
お昼にお話しさせていただいた花巻市職員の方が、畑違いの職に途中で代わっても前向きに、アグレッシブに花巻市のため働かれている様子がとても印象的でした。「楽しく働けるのが一番大事だよ」とおっしゃっていたその一言も、すごく心に響きました。
ランチを食べた「マルカンビル大食堂」では、ソフトクリームが食べられて嬉しかったです。
その後訪れた「るんびにい美術館」。正直"障害者"の方々の作品のみを集めて美術館をしていると初めて知った時、逆に差別に繋がってしまうんじゃないかなと不安に感じてました。しかし、アートディレクターの板垣さんが「このような活動をして、障害者と呼ばれている方のうちの1人について、たくさんの人が深く知ることは、社会の中で障害者というカテゴリーへの偏見がなくなることに繋がると信じている」とおっしゃっていたのを聞いてすごく納得させられました。また、その想いを持って活動されていることが本当に素敵だな、と感じました。小野崎晶さんの絵もとても素敵でした。

2020/11/18

タワーをセット!バジルの無事の成長を願います

午前中は栄養不足により黒くなってしまったバジルの切除、午後はタワーを組み立ててセットする作業を行いました。養分が全てのバジルの枝に行き渡るようにするのが、枯れないようにするために一番重要であり難しい作業だと伺いました。従業員の方と一緒に丁寧にセットしたので、無事このタワーでバジルが育ってくれると嬉しいです。写真は、ファームで栽培しているレタスをホテルで食べたときのものです。美味しかったです!

2020/11/19

念願の定植作業に挑戦!

今日は、以前から「是非やりたいです」とお伝えしていた定植の作業をさせていただきました。一つ一つの苗に水分、養分が行き渡るように、フィルムの水の浸透具合を確認しながら作業を進めました。根気が必要で大変な作業でしたが、まだ小さいバジルの苗を新しくタワーに取り付けるのはワクワクしました。とても楽しかったです。
作業後には八幡平市役所にお邪魔させていただきました。実際に八幡平市に住む職員の方からおすすめの観光地やご飯屋さんを教えていただいたので、残りの岩手ライフの中で一つでも多くのスポットに訪れて、思い出を作りたいです。

2020/11/20

硫黄を感じる温泉は、とても心地よかったです

雨が降っていましたが、残り2日のお休みを有効に過ごしたいという思いから、思い切ってバスで松川温泉に行きました。
こんな天気の中同じ行先の人はもちろんおらず、目的地である松川荘もひっそりとした場所にあるため、到着するまでは不安でしたが、無事着いてほっとしました。湯花たっぷり、硫黄の匂いが漂う温泉は、とても気持ち良かったです。
温泉でお話しした、隣の市に住むおばあさんは、「もうすぐ免許返納でここに来れなくなる、寂しい」とおっしゃっていました。ご高齢の方の免許返納について、改めて考えるきっかけになりました。
ファームの方に、ここには有名なアイドルも来たと伺っていたので、最後にその方がCM出演していた清涼飲料水を飲みました。美味しかったです。

2020/11/21

人の手、人の目とITのバランスを考える日になりました

今日は4時間収穫作業に取り組みました。扱うのは全部バジルですが、それぞれ形や大きさがどれも少しずつ異なっているので、その一枚一枚と向き合って、集中して作業していると本当にあっという間に時間が過ぎます。健康で収穫可能なバジルかどうかを判断するには、パッと見ではなく一枚一枚を表、横、裏それぞれの角度からチェックする必要があり、人の目による判断が特に大事な工程だと感じます。農業をITの力で効率化すると言っても、このようにどうしても人の手、目を使うことが絶対に必要なプロセスもあるので、農業のデジタル化において人とITが担う部分のバランスを上手く取っていくことがとても重要だと、身をもって実感することができました。また、そのバランスを取れるようにするには、システムを開発する側の現場への深い理解が必要だと感じました。
夜ごはんはたくさんの人におすすめしていただいたお店で、ハンバーグを楽しみました。

2020/11/22

地元の人との交流をとおし、IT活用を考えました

今日はひたすら整枝に取り組みました。他の大きなバジルの葉の成長を妨げてしまうため、根の付近に育っている小さなバジルの葉は全て切ってしまうそうです。小さいだけでまだ健康な葉を廃棄してしまうのはもったいない気がしてしまったけど、これも商品として出荷する必要がある以上仕方ないよな、と思いました。
お昼はスマートファームのお隣にお住まいの方とお話ししました。かつて、この場所で約60年もの間農業を営んでいたそうです。当時は朝4時頃から夜8時頃まで作業をする生活を続けていたそうで、「ほんとにすごいな」と思いました。このように大変な農作業の負担を、IT活用によって少しでも減らせたら、と改めて思うきっかけになりました。

2020/11/24

最終日も楽しく過ごすことができました

本日が最終出勤日で、4時間ずっと収穫作業に取り組みました。トータルの収穫量はこれまでで一番多く、最終日にしてやっとバジルの扱いに慣れてきたかな、と思えました。もう少し長く、バジルの成長を見届け、育つ過程を共にしたかったなあという思いです。お昼には、これまでお世話になった従業員の方々とお話をしました。このワーホリ期間、私にとってこうやってファームの優しい方々と他愛もないおしゃべりをするお昼の時間も楽しみの一つでした。最後だと思うと寂しい気持ちもありましたが、従業員の方々と最後に楽しい記念写真を撮れたので満足です(笑)。
また、2日前にもお会いしたファームのお隣の方のお家にもお邪魔しました。また八幡平に来る機会があれば会いにきてねと言ってくださったので、是非いつかまた、皆さんに会いに来たいと思いました。
たくさんの方々のサポートや優しさのおかげで、とても充実した学びの多い時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

【帰宅後】バジルを使って・・・

バジルソースを作りました!

お問合せ

いわてふるさとワーキングホリデー事務局・
盛岡市ふるさとワーキングホリデー事務局

〒020-0024
岩手県盛岡市菜園1-12-18
盛岡菜園センタービル5階 ジョブカフェいわて内

電話でお問合せ平日10時〜18時

019-621-1171

ACCESS

〒020-0024
岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

※無料駐車場・指定駐車場はございません。
公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの際は、お近くの有料駐車場をご利用ください。

[バス]
・「映画館通り」徒歩1分
・「菜園川徳前」徒歩2分

※盛岡駅からのアクセスには「盛岡都心循環バス でんでんむし 左回り」の「菜園川徳前」が便利です

[徒歩] 盛岡駅より15分

[タクシー] 盛岡駅より5分

  • 写真:ビル外見
  • 写真:ビル正面
  • 写真:1階
  • 写真:5階
  • 写真:ビル内装

首都圏でのご相談

首都圏でのご相談を希望される場合は次の窓口をご利用ください

東京・銀座

岩手県U・Iターンセンター

東京都中央区銀座5-15-1 南海東京ビル1階
いわて銀河プラザ内

月曜~土曜 10時半~17時 ※日曜・祝日・年末年始は休み

東京・有楽町

いわて暮らしサポートセンター

東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階
ふるさと回帰支援センター内

火曜~日曜 10時~18時 ※月曜・祝日・その他指定日休み