ワーホリ!いわて|ワーク&ステイ PROGRAM

実施レポート

[2021秋]農事組合法人宮守川上流生産組合

ちかさん

収穫も、加工も、米造りも、方言も、農業を全方位で体験!

ちかさん

ちかさん

滞在期間 2021/10/2~2021/10/17

農業を行う営農部では、トマトの収穫や選別、お米の出荷準備を同行させていただきました。                    加工部では、受入企業様が販売している商品や委託を受けている商品の製造に直接携わらせていただきました。            どちらも全く経験も知識もない状況で参加前は不安もありましたが、分からないことがある度に、本では知ることができないような事まで一つ一つ丁寧に教えていただき、沢山勉強させてもらいながら慣れていくことができました。                    仕事の合間には、遠野での生活や食べ物、方言などについてや、私についてもたくさん聞いていただき、とても楽しくお仕事ができました。

アクティビティでは、勤務地から少し離れた平泉方面の歴史的な場所を案内していただきました。移動中も、同行したワーホリ事務局の方方々から岩手の豆知識を教えてもらい、岩手の隠れた魅力も知ることができました。休日には、組合の方に「遠野物語」に書かれている名所やおいしいジェラート屋を車で案内していただき、遠野についても深く知ることができました。また、バケツジンギスカンや手料理のご飯会でおいしいご飯を食べながら、本当にたくさんの方とお話することができ、地元の方と触れ合いながら楽しい思い出が出来ました。

お仕事での実践的な農業や加工の経験が貴重な機会になったことに加えて、今回はシェアハウスのようにお部屋をお借りしながらも半分一人暮らしの生活だったため、実家暮らしの私にとっては家での時間も大切な経験ができたと感じています。洗濯や掃除、毎日の夜ご飯やお弁当の準備など、全て自分でやることの大変さを実感すると同時に、もっと自分なりに努力しようと思うきっかけをいただきました。

コロナ禍で大変な中、宮守川上流生産組合の皆様に準備を進めていただき、そして温かく受け入れていただいたこと、とても感謝致します。また、滞在中にお世話になった沢山の方の優しさのお陰で、毎日楽しく過ごすことができました。最後には、「また遊びにきてね」と言っていただき、心からこのプログラムに参加出来て良かったと思いました。まだまだ遠野についても、農業・加工についても知らないこともたくさんあるので、皆さんに会いに必ずまた宮守に伺います!

\受け入れ先企業から/
仕事、プライベートの両方において積極的に学ぶ姿勢に好感が持てました。短期間、地域外の方を住み込みで受け入れることは弊社において初めてのことでしたが、地域にとっても良い経験になったと思います。今回を機に、地域の人たちの意識に変化が見られ、今後の受入に対して積極的になることができたと思います。ありがとうございました。

\事務局から/
持ち前の明るさと穏やかな人柄で、皆さんにあたたかく迎えていただきましたね。職場に伺ったときの、組合のみなさんと一緒に笑い合っている姿、真剣に業務に取り組んでいるまなざしがとても印象に残っています。ワーホリ期間中、自炊も頑張るなど、自分自身でもしっかりと成長を感じられていることと思います。宮守川で過ごして、社会人になっても活かされることをたくさん経験できた期間でしたね!

2021/10/04

【アクティビティ】「盛岡まち歩き」に参加!

朝は早く起きて朝食のお買い物がてらお散歩に出ました。購入したのは、ずっと気になっていた「福田パン」という盛岡で有名なお店のコッペパンです。何十種類もコッペパンの中身があり迷いました!友人にお勧めしてもらったあんこと粒入りピーナッツにしましたが、パン生地もふわふわで中のクリームも目の前でつけてくれて、すごくおいしかったです!
そして、「盛岡という星で」というプロジェクトの一環で、まち歩きに参加してきました。地元・盛岡のまち歩き専任スタッフの方と、沢山お話をしながら盛岡市内の有名な場所や自分では見つけられないような穴場スポットなどをめぐりました。歴史について沢山教えていただきましたが、ただ「昔」という言葉でくくるのではなく、それぞれの時代で様々な出来事が積み重なって今の盛岡市があり、そして現在の盛岡が今後につながっていくという言葉を聞いて、なるほどと深く納得しました。一つ一つ丁寧にご案内していただいてとても勉強になり、また必ずもう一度来ようと思いました。
今日のまち歩きは、ほぼ1対1で案内していただいたため、私の知識量や興味を確認しながら1つ1つわかりやすく説明して頂き、2時間があっと言う間に過ぎてしまいました。

2021/10/05

【アクティビティ】毛越寺、中尊寺、南部鉄器…県南には魅力がいっぱい!

ついに今日は、楽しみにしていたアクティビティに参加してきました!
今日は1日かけて、平泉や奥州など、県南エリアを案内していただきました。ちょうど、参加時期が重なった、ほかプログラムに参加している大学の友人とも一緒に参加することができました。
まず初めに、毛越寺に向かいました。「平泉」や「毛越寺」などの言葉は中学高校の歴史の授業で聞いてきたものの、実際に自分の目で見るのは初めてだったので、到着前からワクワクしていました。到着してみてみると、建物によって特徴があったり、池が写真で見ていたよりもかなり大きく驚きました。また、1つの石の角度にも深い歴史がある事を知り、もう一度しっかりと歴史を学び直したいと感じました。
次に、中尊寺に向かい、人生で初めて、テレビの中ではなく自分の目で金色堂見ることができました。こちらでも専門のガイドさんがじっくりと説明をしてくださり、たくさん勉強になりました。
その後、侍屋敷大松沢家でランチを食べました!入口の雰囲気はレストランというより本当に屋敷という感じだったため少し緊張しましたが、お店の中は広く落ち着いていて、のんびりと食事をすることができました。私は豆腐と豚肉のグリルを頼み、予想通りとても美味しかったです!
最後に、南部鉄器の工場であるOIGEN Factory Shopに行きました。岩手県では鋳造技術が地域産業として有名ですが、その中でもこちらの工場では日常で使えるフライパンや急須などを多く作っているそうです。工場では間近で溶けた鉄が流し込まれる様子や1つ1つ丁寧に模様をつける様子も見ることができ、とても貴重な経験ができました。
帰り道には、ワーホリ事務局の方おすすめの味噌ソフトを皆さんと一緒に食べて、1日の旅を終えました。1日を通して、岩手の歴史をさらに知れたことや、皆さんと沢山会話しながらお互いのことも知ることができ、本当に楽しく、1日が早く感じました!
ドライバーの方がお寺周辺の詳しい案内に加えて、車で通っている場所に関わる豆知識などちょっとした情報も教えてくださったおかげで、バスの中の時間も楽しむことができました!

2021/10/06

トマトの収穫から初日がスタート!

今日はワーホリ初日でした。作業開始前には朝会に参加させてもらい、組合の皆さんと顔合わせをすることができました。方言が少し混ざっているため聞き取れずに少しくじけそうになりましたが、皆さんとても優しそうで安心しました。
今日のメインはトマトということで、車でトマト畑に移動して作業を開始しました。まずはトマトの収穫です。色が全体的に変わっているかや大きさなどの見分け方を丁寧に教えてもらいながらとっていきました。とり終えたら、選別の作業に移りました。機械にトマトを流し続けながら、1つ1つ手作業で出荷できるものとできないものを分けました。中にはやはり、傷がついてしまっているもの、ひびが入っているものがあり、その中でもまだ食べられるものは組合が行っている加工部に回すものとして分けました。新しい発見がたくさんありましたが、その一つに「ヘタ」が取れてしまっているトマトは商品として1つも出せないということがありました。まだ食べられるのに…と感じる一方で、しっかりと加工品に活用していることにも感動しました。
初日で緊張しましたが、作業をしながらたわいもないお話をしながら少しずつ打ち解けることができて嬉しかったです。中には、「次郎系ラーメン」など農業とは全く関係ない食べ物や家族との生活など、様々な話題で盛り上がりました。また、休憩中には手作りの栗のおやつやおせんべいをいただき、温かい雰囲気で楽しく働くことができました!
また、少し早く仕事を上がらせてもらい、組合の方に車で遠野の街を案内していただきました!ネットや自分の知識だけでは知れないような地元ならではの場所を紹介してもらいながら、農業や組合について話したり、その方とは地元が近いという共通点を見つけることができ、親近感がわきました!
初日ということに加えて、一人で車を運転して出勤だったということもあり、いろいろとドキドキした朝でしたが、皆さんまじめに働きつつも、お話も楽しみながら仕事をされていてメリハリがいいなと感じました。また、作業前の事前説明では、こちらの組合が実際にどのようなことをしてきて、現在どのようなことに悩んでいるのかも話してくださり、農業経営の観点からも、勉強させてもらいました。自分にできることが少しでもあるかを考えながらこれから約2週間の仕事を頑張ろうと思います。

2021/10/08

米の出荷準備に関わり、ものづくりの醍醐味を実感

今日の午前中は、お米の出荷準備をに関わらせてもらいました。本来であれば朝一番から稲刈りに出る時期ですが、今日は雨が降って天気が悪いため、工場内の作業でした。組合の工場には、大きな機械がいくつもあり、最初に一つ一つの機械がどんな役割でどのように動いているのかを分かりやすく説明してもらいました。
その後は、工場内にたまったもみの端のゴミを掃除したり、出荷するための袋詰め作業を教えてもらったりしながら、作業をしました。1つにまとめる袋は本当に大きく、機械でないと運べない重さですが、慎重に数人の目で確認しながら丁寧に運んで、トラックで出荷していました。
午後からは、加工場で、組合の商品の一つであるどぶろくのラベル貼りの業務にあたりました。加工場の中には本当に沢山の商品が置いてあり、それぞれの日付などもしっかりと把握しながら管理されていました。ラベル貼りの作業は、機械を使うものもあれば手作業でやるものもあり、遠野に来るときに立ち寄った道の駅で売られていた商品は、こうやって人の手でできていると思うと感動しました。
午前中のお米の作業をしている中で印象に残ったことは、「こうやって自分がやっている一つ一つの作業でできたものが、目には見えないけどどこかで誰かが食べてるいると思うと面白い!」ということを、一緒に作業をしていた方が言っていて、こんなに大変でも頑張れるのはそういうことから生まれるんだなと、とても共感しました。また、「足元さえ気を付ければ好きに見てみていいよ」と言ってもらい、工場内の機械をじっくり見ていると、農業初心者の私にはやはり不思議に感じることが出てきましたが、その度に丁寧に解説して頂き、とても勉強になりました。
また、休憩時間には、町のことやおすすめのお店などの話題でおしゃべりをしたりと、とても暖かい職場だと改めて感じました。加工場は来週も何度か来られるので、もっとたくさんのことを勉強したいと思います!

2021/10/09

生産に関わり、今までの”消費者”としての目線が変わりました

今日は再びトマト畑での業務にあたりました。収穫作業に入る前に、ビニールハウスのドアを開け、水やりで使う水道の水圧調節を行うなど事前準備を行いました。そして、前回同様に収穫と選別作業をしました。2回目ということで少し慣れてきて、作業も少しですが効率的にできてきた気がします。トマト畑では組合の方に加えて地域の主婦の方もお手伝いされており、前回よりもたくさん会話をすることができ、心の中で一人で嬉しく感じていました。休憩中には、主婦の方がお家で作ってきた手作りのお菓子やお漬物を差し入れしてくださり、おいしくいただきました!
お昼ごはんには、畑の近くにある、サンQふる郷市場という産直で有名な馬力(ばりき)ラーメンを食べに行きましたが、横についてくる味噌球を入れるとピリッと辛く、おいしかったです!
午後からは、選別の残りの作業に加えて、加工場と市場に出荷する作業に加わりました。大量のトマトのケースを運ぶため力仕事でしたが、私が普段食べている野菜も購入するまでに毎回こんな大変な作業があって食べられているんだなと、知ることができました。これからは知ったうえで大切に食べようと思います。そして、最後には畑の草刈り作業をしました。やはり畑の中や周辺には雑草がきりなく生えてきてしまうそうです。草刈りも大変な作業ですが、主婦の方たちと時にはおしゃべりをしながらできたので、楽しくで作業ができました!
また、今日の夜は、コロナ対策を万全に期し、プチ歓迎会を開いていただきました。おいしい手料理を用意していただき、組合や町のこと、遠野での生活のこと、家族のことなど、本当に様々なことについておいしいご飯を食べながらお話しできて楽しい時間になりました!

2021/10/10

【休日】休日は好奇心の向くままに!

今日はお休みということで、朝は部屋でのんびりと過ごして、午前中のうちに大学の用事などを済ませました。
午後は神社に参拝に行ったり、組合の方に教えていただいた、今月末まで近くの産直で開催されている話題のイベント「かかし祭り」に行ったりと、リフレッシュもしつつ、地域の魅力にも触れることができた素敵な週末でした。

2021/10/11

現場で感じた、食べ物への感謝の気持ち

今日は加工部で1日働かせてもらいました!朝1番で朝会を行い、今日一日の各担当のやる事や共有事項について聞きました。その後、専用の服に着替えて作業を開始しました。前回の加工部での仕事の一つであるラベル貼りに続いて、今日は組合が開発しているトマトやリンゴ、山ブドウなどのジュースやジャムなどの加工に携わらせてもらいました。
知らないことばかりの中での作業でどうすればいいか分からないことが何度もありましたが、そういう時は「これはどうすればいいですか?」や「何かできることありますか?」など、思い切って聞くように意識しました。職場の皆さんは本当に優しく、一つ一つ分かりやすく教えてくださり、新しい発見もたくさんありました!
ラベル貼りのときも感じましたが、普段自分がお店で買う商品の裏側では、こんなに重いものを運んだり、繰り返し同じ作業をしたり、確認作業もしっかり行っていることを経験を通して知り、改めて当たり前のように食べれていることに感謝しなければいけないなと感じました。加工部の皆さんとも、休憩中には様々な会話をすることができ、仕事も頑張ることができました!

2021/10/12

組織の一員として働くということ

今日は最後のトマト畑での作業でした。今までと同様に、トマトを収穫した後に大きさごとに分けて出荷するものと加工部に渡すものの選別作業をしました。作業中には、農林水産省やJAの仕組みなどのお話も聞かせてもらい、新しい発見がまたありました。トマトの収穫もラストスパートに入っていて、担当の方とパートの方との少人数での作業の中、たくさんのことをこなさなければならない状況ですが、皆さんで意見をお互いに伝え合い、より効率的な作業の進め方を話し合っている様子を目の前で見て、組織の中での働き方についても学ばせてもらいました。
最後には、今まで使ってきた道具をしっかりと洗ってきれいにしてきました。
滞在期間も残り数日となり、「最後」が少しずつ出てきて寂しい気持ちもありますが、残りの勤務もたくさん学びの多い時間になるように頑張ります!今日も、帰ってから自炊することができました。ワーホリ期間中、しっかり自炊という名の挑戦を継続できていることも、自分自身が成長できている気がして嬉しいです。

2021/10/13

美味しさの秘訣は人の手から

今日は再び加工部で作業をさせてもらいました。2つ部屋があるうちの私が入った部屋では、リンゴのプレザーブづくりを1日かけて行いました。リンゴの皮むきから始まり、カット、シロップ漬け、袋詰めのすべての作業を手作業でやっていて、大変ではありつつも美味しさの秘訣なんだなと、作りながら感じました。
お昼過ぎには、ワーホリ事務局の方が職場に来てくれて、嬉しかったです。

2021/10/15

遠野名物「バケツジンギスカン」での送別会

今日は加工部での勤務でした。数日間の経験からやっと作業に慣れることができ、完璧にとはいかないものの、自分がすべきことや今自分ができることを考え、行動に移すことができたことが少し嬉しく感じました。休憩室でも、最初のころよりも皆さんと笑い合いながらお話しすることができ、休憩の時間も楽しみになっていました。明日の午後で最終日となりますが、あと一日後悔のないように楽しんできます!
夜には営農部の皆さんがバケツジンギスカン会を開催してくださいました!遠野の名物の一つにジンギスカンがある事は事前に聞いていましたが、「バケツ」を使ったジンギスカンを見るのは初めてだったのでとても驚きました!(笑)お肉に新鮮な野菜、新米のご飯はとてもおいしく、おなか一杯いただきました!おすすめのウインナーも「これでもか!」というくらいたくさんいただきました!(笑)短い間にも関わらず、仕事終わりのお疲れの時間にこんなに素敵な会を開いていただき、本当に幸せ者だなと感じました。皆さんとワイワイおしゃべりしながら煙で部屋を真っ白にしながらのジンギスカンは最高の思い出になりました!営農部の皆さん、本当にありがとうございました!!

2021/10/16

みなさんの優しさに溢れた最終日でした

午前中は、組合の方に遠野市内を車で案内していただきました!地元で有名な神社や、歴史的な建物、そして自分では見つけることができないような遠野物語に関連する場所まで案内してもらいました。今までしっかりと遠野物語を読んだことがありませんでしたが、今回ワーホリ期間中に色々な場所を訪れて興味を持ち、帰ったら必ず読もうと思いました。また、夢産直かみごうというところのおすすめのジェラートも堪能してきました!大切な休日を使って案内していただき、本当にありがとうございました!
午後からは最後の出勤で、加工部の業務にあたりました。もうすぐ終わる…と考えるほどやはり時間が経つのが早く、あっという間に勤務が終了しました。少し寂しいですが、最後の最後までたくさん勉強させていただき、貴重な経験になりました。
帰宅後には、自宅で慰労会を開催してもらいました。大人数で集まることができず残念ではありましたが、コロナ対策も徹底し、ちゃんちゃん焼きや、みなさんの持ち込み料理で、とても楽しい時間を過ごせました!みなさん遠野にお住まいの方々は方言で話され、会話をすべて理解することは難しかったですが、わからないたびに「これは〇〇〇〇という意味だよ」と教えていただき、方言も勉強させてもらいました!!帰ってから友達に覚えた方言を使って話してみようと思います(笑)
最後の最後まで、たくさんの方の優しさに囲まれながら楽しく過ごすことができ、岩手でのワーキングホリデーを満喫することができました!お世話になったみなさんに、重ねて御礼申し上げます!

お問合せ

いわてふるさとワーキングホリデー事務局・
盛岡市ふるさとワーキングホリデー事務局

〒020-0024
岩手県盛岡市菜園1-12-18
盛岡菜園センタービル5階 ジョブカフェいわて内

電話でお問合せ平日10時〜18時

019-621-1171

ACCESS

〒020-0024
岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

※無料駐車場・指定駐車場はございません。
公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの際は、お近くの有料駐車場をご利用ください。

[バス]
・「映画館通り」徒歩1分
・「菜園川徳前」徒歩2分

※盛岡駅からのアクセスには「盛岡都心循環バス でんでんむし 左回り」の「菜園川徳前」が便利です

[徒歩] 盛岡駅より15分

[タクシー] 盛岡駅より5分

  • 写真:ビル外見
  • 写真:ビル正面
  • 写真:1階
  • 写真:5階
  • 写真:ビル内装

首都圏でのご相談

首都圏でのご相談を希望される場合は次の窓口をご利用ください

東京・銀座

岩手県U・Iターンセンター

東京都中央区銀座5-15-1 南海東京ビル1階
いわて銀河プラザ内

月曜~土曜 10時半~17時 ※日曜・祝日・年末年始は休み

東京・有楽町

いわて暮らしサポートセンター

東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階
ふるさと回帰支援センター内

火曜~日曜 10時~18時 ※月曜・祝日・その他指定日休み